薬剤師の転職回数の平均は?薬剤師の転職回数データ

薬剤師 転職

薬剤師の転職回数の平均はどのくらいでしょうか?
あなたの転職回数は平均より下でしょうか上でしょうか?
ここでは具体的なデータを参照しながら、薬剤師の転職回数に関して書いていきたいと思います。

薬剤師の転職経験

転職した事がありますか?
はい :72.4%
いいえ:27.6%
出典元:株式会社ネグジット総研「就労意識に関するアンケート調査」

調査では7割強の薬剤師の方が転職経験があると回答しています。
これは薬剤師に限らず言える事ですが、現在は終身雇用制が崩れてしまっている時代ですので、転職を経験した事がない人の方がむしろ稀という事でしょう

薬剤師の転職回数の平均値

転職を経験した事のある薬剤師の転職回数
1回:33.3%
2回:29.3%
3回:18.7%
4回:8.9%
5回:5.7%
出典元:株式会社ネグジット総研「就労意識に関するアンケート調査」

大まかに言うと、1回、2回、3回以上の方が同程度の割合いるといった印象です。
転職回数もある程度の回数は一般的に経験しているといった事ではないでしょうか
たとえ転職回数が3回以上あったとしても、全体の3割程度そのような方がいますので、そこまで引け目を感じる事はないでしょう

薬剤師の平均勤続年数

薬剤師の平均勤続年数
3年 :17.1%
10年 :13.0%
5年 :10.6%
3.5年:7.3%
6年 :7.3%
2.5年:6.5%
出典元:株式会社ネグジット総研「就労意識に関するアンケート調査」2010年1月

調査結果によると3年で転職をする方が一番多いようです。
3年である程度その会社や病院での展望が見えてキャリアチェンジを決意する方もいるでしょうし、人間関係で悩んでいる方は3年が我慢の限度という事もあるでしょう

また厚生労働省の調査では薬剤師の平均勤続年数は20代後半の男性で約2.8年、30代後半の男性は約6.8年という結果でした。(平成24年賃金構造基本統計調査より)

データからみえる薬剤師の転職

転職に関していえば上記データを総合すると、勤続年数は3年~10年、2.3回の転職経験がある、といったところが薬剤師の平均的なイメージとして見えてきます。

現代では会社員の転職は当たり前の事になっており、薬剤師業界でもそれは同様です。
自分にメリットのある転職であれば、転職を行うのも良い選択でしょう。

オススメ 転職サイト

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

MC-ファーマネット



・転職者の92.5%が今も活躍中
・全国15拠点で展開
・コンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応
MC-ファーマネット

ファルマスタッフ



・転職成功率90%超
・求人件数6万件以上
・薬剤師専任コンサルタント80名以上
ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師



・求人総数38,000件以上
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

関西に強い薬剤師 転職サイト



関西エリアに特化した薬剤師転職サイト メディカルプラン

メディカルプランの薬剤師求人の特徴は大阪、兵庫、京都等、関西に特化しているという事です。取り扱っている求人も関西の求人が圧倒的に多いです。

メディカルプランの特徴は関西特化型をウリにしている点で、本社所在地も大阪です。地元ならではの調剤薬局やドラッグストアとのコネクションを活かした、他の薬剤師転職サイトには無い、掘り出し物の求人があります。
関西で薬剤師の方が転職を考えているのなら、登録必須のサイトと言えるでしょう。

関西エリアに特化した薬剤師転職サイト【メディカルプラン】


調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ