薬剤師の転職を失敗しない為にやるべき4つの事

薬剤師 転職


薬剤師の転職を失敗せず、成功させるコツは何でしょうか?
ここでは具体的な事例を示しながら、転職に失敗しない為のアドバイスを書いていきたいと思います。

1.転職の目的を明らかにする

今現在の職場に不満がなければ、転職は考えない筈です。
「年収に不満がある」
「上司に残業を強要されている」
「決まった処方だけでバリエーションが無くスキルアップできない」
「OTCだけではなく調剤も学べると思って入社したが処方の数が少ない」等、

何かしら不満がある筈です。

そして不満があるという事は転職をする目的がある筈です。
まずはその目的を書き出してみましょう。

ただし仕事は1つの軸だけで評価できるようなものではないので、達成したい目的を複数書き出してみましょう。
「年収をアップさせたい」
「病院で働きたい」
「残業が少ない薬局で働きたい」
「調剤のスキルアップをさせたい」

等いくつかの項目があがる筈です。

2.転職をする目的の優先順位を付ける

次は書き出した目的に優先順位を付けてみましょう。
「年収」「勤務地」「残業時間」「調剤のスキルアップ」等
自分の中でどれを優先すべきかという順位がある筈です。
それを明確化してみましょう。

そしてその中の上位3つを使用します。
目的があまりに多いと複雑化して本来の転職の目的が見えづらくなってしまうので、
優先度の高い上位3つを使用します。

3.転職の目的にウェイト付けする

今度は上位3つの目的にウェイト付けをしていきます。
例えば下記のような内容です。

調剤薬局での勤務:60%
年収の高さ:30%
勤務地の近さ:10%

このように記載すると自分が今度の転職で何を実現したいかが可視化する事ができます。
そしてこの内容と求人内容を比較して検討していきましょう。
直感的に選ぶよりもより具体的に求人を選択する事ができる筈です。

上記の内容でいえば、調剤薬局での勤務を希望していますので、まず初めの選択として調剤薬局勤務の求人から選択する、という事になるかと思います。

そしてその中から、優先度の高い年収を基準に選択し、更にその中から勤務地を考慮して選択すれば、自分が求めていた目的と近しい求人を選択する事ができると思います。

4.事前に勤務先を確認する

応募を考えている求人、もしくは面接が決定した求人があれば、入社後のミスマッチを無くす為にも事前に勤務先を確認しましょう。

もしもドラッグストアの求人に応募をする場合、実際の店舗に出向いて事前に店の雰囲気を確認する事ができる筈です。調剤業務がどの程度あるか、店内や店員の雰囲気はどうか等、現場でないと感じ取れない情報があるはずです。

調剤薬局勤務の場合も薬局の雰囲気や、夜は何時まで社員が働いているか等、確認できる情報がある筈です。

勤務が決まったら1日の大半は職場で過ごす事になります。事前の確認は可能な限り行い、納得したうえで入社を決めましょう。

転職サイト選びのコツ

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

ファルマスタッフ



国内最大7万件の薬剤師求人件数
・拠点数国内最大、全国16支店
・薬剤師転職支援15年以上の実績
・厚生労働省認定、職業紹介優良事業者
ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師

ドラッグストア求人 国内最大 12,000件以上
・マイナビのネットワークを活かした12,000件以上のドラッグストア案件を取扱い
・利用者満足度 3年連続ナンバーワン
・平均ご紹介求人数23.3件
マイナビ薬剤師

ファゲット



国内最大 病院求人7000件以上
・最大20万円の転職者ボーナス
・薬剤師転職10年以上の実績
ファゲット

関西に強い薬剤師 転職サイト



関西エリアに特化した薬剤師転職サイト メディカルプラン

メディカルプランの薬剤師求人の特徴は大阪、兵庫、京都等、関西に特化しているという事です。取り扱っている求人も関西の求人が圧倒的に多いです。
関西で薬剤師の方が転職を考えているのなら、登録必須のサイトと言えるでしょう。

関西エリアに特化した薬剤師転職サイト【メディカルプラン】

転職の際の注意点

転職エージェントの善し悪しは転職の質に大きく影響します。
上記のような大手のサイトであれば、転職エージェントの質はある程度は保障されています。しかしながら、転職エージェントの質に差があるのは事実ですし、またその人その人で転職エージェントとの相性もあります。

質の高い転職エージェントは、レスポンスが早い、意図を理解し意図に合った転職先を紹介してくれる。メリットもデメリットも開示してくれる。といった特徴があります。
逆に意図しない転職先をゴリ押ししてくるようなエージェントは要注意です。

その際ですが転職サイトに掛け合い、エージェントを別の担当に変えてもらいましょう。
気が引けるようであれば別の薬剤師転職サイトを利用しましょう。

そのような意味でも薬剤師転職サイトを複数登録する事には意味があります。複数登録する事で質の比較ができますし、3つの転職サイトに登録し、質が良さそうな2サイトをメインとして利用し、もうひとつは予備として利用するというような使い分けが可能です。

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

薬剤師の転職回数の平均は?
薬剤師の平均年収、県別の年収
転職エージェントのメリット・デメリット
クオール薬局の薬剤師の年収は?
さくら薬局の薬剤師の年収は?
オススメの薬剤師転職サイトは?評判や口コミを一括比較
リクナビ薬剤師の評判や口コミ
マイナビ薬剤師の評判や口コミ
薬剤師のボーナスの相場ってどのくらい?

オススメ記事

調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
北海道に強い転職サイト

カテゴリ

薬剤師の年収情報
薬剤師の転職 お役立ち情報
転職エージェント活用方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ