薬剤師の平均年収、県別の年収(給与格差)

薬剤師 平均年収

薬剤師の平均年収(給与)

「薬剤師の平均年収」
全体:493万円
20代:385万円
30代:495万円
40代:531万円
50代:621万円
※参照:平成24年賃金構造基本統計調査

まずは基本的なデータとして薬剤師の平均年収から書いていきたいと思います。
薬剤師の平均年収はこちらの通りとなっています。
これが安いか高いかという事になりますが、
全職業の平均年収が400万円を少し超える程度ですので、
平均と比較すると年収が高いと言えると思います。
これは薬剤師という資格がないと職業に従事できないという特権的な部分が影響しているものと思われます。

 

薬剤師の月収、ボーナス、労働時間等

「薬剤師の月収、ボーナス、労働時間等」
平均月収:38万円
平均時給:2,199円
年間ボーナス等:80万円
平均年齢:38.6歳
平均勤続年数:7.0年
総労働時間:171時間/月
男性割合:38.4%
女性割合:61.6%
※参照:平成26年賃金構造基本統計調査

他の職業と比較して一番の違いは女性割合が多いことです。他の職業では女性の割合は40%台が多いので、極端に女性が多い職業と言えると思います。

また平均勤続年数は平均10年程度と言われていますので、7年は短い数値と言えると思います。またこちらも女性の比率が多い事が影響していると思われます。
女性は結婚や出産で退職する方が多くいますので、それにより平均勤続年数も他の職業と
比べて短くなっているものと推測されます。

また平均月収や平均時給は他の職業に比べて高く、給与が高水準な職業と言う事ができると思います。

 

県別の薬剤師の年収

「転職時の県別の平均年収トップ5」
大分県:677万円
長崎県:664万円
山形県:654万円
青森県:654万円
鳥取件:613万円
※参照:エムスリーキャリア薬剤師アンケート(平成24年5月~平成25年4月)

次に地域別の薬剤師の年収について書いていきたいと思います。
上記が県別の転職時の平均年収トップ5になります。
地方の薬局の薬剤師は不足しており、逆に都心部では飽和状態という傾向があり、データにも如実に表れています。
東京では平均が508万円ですので、677万円でトップの大分県と比べると、その傾向は一目瞭然です。
高年収を期待して地方の薬局に務めるというのもひとつの選択肢かもしれません。

オススメ 転職サイト

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

MC-ファーマネット



・転職者の92.5%が今も活躍中
・全国15拠点で展開
・コンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応
MC-ファーマネット

ファルマスタッフ



・転職成功率90%超
・求人件数6万件以上
・薬剤師専任コンサルタント80名以上
ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師



・求人総数38,000件以上
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

関西に強い薬剤師 転職サイト



関西エリアに特化した薬剤師転職サイト メディカルプラン

メディカルプランの薬剤師求人の特徴は大阪、兵庫、京都等、関西に特化しているという事です。取り扱っている求人も関西の求人が圧倒的に多いです。

メディカルプランの特徴は関西特化型をウリにしている点で、本社所在地も大阪です。地元ならではの調剤薬局やドラッグストアとのコネクションを活かした、他の薬剤師転職サイトには無い、掘り出し物の求人があります。
関西で薬剤師の方が転職を考えているのなら、登録必須のサイトと言えるでしょう。

関西エリアに特化した薬剤師転職サイト【メディカルプラン】


調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ