マツモトキヨシの薬剤師の年収は? 評判は? ボーナスは?

マツモトキヨシ

薬剤師の方がマツモトキヨシに転職した際、年収はいくら位になるのでしょうか?マツモトキヨシの薬剤師の業務内容は?休暇はどの程度あるのか?
ここでは具体例を出しながら、マツモトキヨシの薬剤師の年収やボーナス、評判や口コミ、求人内容に関して書いていきたいと思います。

マツモトキヨシの企業情報

【設立】1932年
【社員数】14,616名(連結)
【店舗数】グループ全体 1,486店舗(ドラッグストア 722店舗)
【売上】4,953億
【上場区分】東証一部
【平均年齢】36.6歳
【平均勤続年数】10.4年

マツモトキヨシの名前を知らない人はいないでしょう。ドラッグストアチェーンの日本最大手の企業です。関東を中心にドラッグストアを722店舗展開しており、業界ナンバー1の店舗数をほこります。

また「MK CUSTOMER」のブランド名で知られるプライベートブランドの開発・販売に注力しており、マツモトキヨシ以外でも販売も行うなど、ドラッグストア事業を中心に、スケールメリットを活かした多角的な展開をしています。

マツモトキヨシの薬剤師の給与情報(転職入社時のモデル年収)

【年収】505万~700万
【昇給】年1回
【賞与】年2回
【月給】33万円~45万円程度
【ボーナス】100万円前後

マツモトキヨシの薬剤師の年収

マツモトキヨシの転職時の年収の目安は505万円~700万円程度となります。
ドラッグストアの転職時の年収としては、400万円代という企業も多い為、高めの年収設定と言えると思います。

またマツモトキヨシの平均年収は764万円となっています。
薬剤師の平均年収が30代で495万円、40代で531万円となっていますので、マツモトキヨシは年収が高く、転職先として人気がある理由になります。

マツモトキヨシの薬剤師のボーナス

マツモトキヨシの薬剤師のボーナスは100万円前後の方が多いようです。
薬剤師全体で平均すると年間ボーナスは80万円程度というデータもありますので、100万円前後はかなり高い待遇と言えるかと思います。ただし業績連動型の賞与になりますので、必ず一定額ではないようです。

マツモトキヨシの薬剤師の初任給

マツモトキヨシの初任給は年収で505万円になります。
20代の薬剤師の平均年収は385万円になりますので、かなりの高待遇になります。
このあたりもマツモトキヨシが就職先として人気がある理由になります。

マツモトキヨシの薬剤師の求人

マツモトキヨシは積極的に全国に店舗を展開しています。
それ故、全国で常に薬剤師の求人を出しています。特に都市部に比べて地方では薬剤師が不足している状況ですので、地方の店舗では求人を出して積極的に採用活動を行っています。

マツモトキヨシ

マツモトキヨシの薬剤師の業務内容

業務内容に関しては、OTC販売と調剤業務が中心になります。
また接客、品出し、棚卸しやレジなどもする場合もあります。マツモトキヨシは大型店舗も多いので、多彩な業務を行う事は覚悟しておいた方が良いでしょう。よって薬事業務に集中したい方にとっては不向きな職場と言えるでしょう。逆に接客を含めた多彩な業務を経験したい方にとっては最適な職場と言えると思います。
ただし、調剤専門の薬局も展開している為、業務内容は配属先によって変わるという側面もあります。

マツモトキヨシの薬剤師の評判や口コミ:勤務時間・休暇

長期の休暇としては有給休暇4日と公休2日をあわせて6連休を取得することができます。
またマツモトキヨシでの勤務時間は基本的にシフト制となり、必ずしも土日に出勤をしなければいけない訳ではないようですが、勤務体系的に土日の両日を休む事は難しいようです。
またシフ時間トとしては下記のようなシフトでの勤務が多いようです。

【マツモトキヨシのシフト例】
早番 9:00~18:00
遅番 12:00~21:00

マツモトキヨシの薬剤師の評判や口コミ:転勤

ケースバイケースとなりますが、マツモトキヨシでは数年に1度等、定期的に店舗の転勤があるようです。転勤を希望しない方にとって、マツモトキヨシは不向きな転職先になります。また基本的には自宅から通勤可能な店舗での勤務になるようです。

マツモトキヨシの薬剤師の評判や口コミ:展開地域

マツモトキヨシは関東を中心に店舗展開を行っているドラッグストアです。
下記の通り関東圏の店舗が圧倒的に多い状況です。本社も千葉県になり、関東で勤務したいと思っている方に向いているドラッグストアと言えるのではないでしょうか

【マツモトキヨシの展開地域】
関東 595 店舗
関西 69 店舗
中部 54 店舗

マツモトキヨシの薬剤師はブラック?

マツモトキヨシは上場企業ですので制度自体がブラックという事はないと思います。しかしながら実情として社員の方から勤務に関しての不満の声はあります。
具体的には下記のような内容になり、その声がブラックであるという評判や口コミにつながっているという事だと思われます。

マツモトキヨシの薬剤師はブラック?:残業

残業に関して全体的な傾向があるというよりも残業は配属される店舗によってまちまちなようです。
全く残業の無い店舗もあるようですが、繁忙店、または人員が少ない店舗では残業があり、店舗によってかなり差があるようです。

マツモトキヨシの薬剤師はブラック?:ノルマ

各店舗には販売ノルマがあり、それをクリアする必要があるようです。
薬剤師が個人的にノルマを課せられる事はないようですが、それゆえ特定の商品を顧客に勧めるというような事はあるようです。

マツモトキヨシの薬剤師の評判や口コミ:研修制度

マツモトキヨシでは宮城、東京、大阪、福岡に研修センターを設けており、スキルアップをバックアップしてくれる制度も整えられています。これも大企業ならではのスケールメリットと言えると思います。
また支援制度として育児短時間勤務制度や在宅勤務制度があります。

マツモトキヨシの薬剤師の評判や口コミ:キャリアパス

管理薬剤師や店長、バイヤー、スーパーバイザー等の道があり、またプライベートブランドとして「MK CUSTOMER」を展開している為、医薬品の開発にあたるというような道もあります。店長になると700万円以上の年収となりますので、高年収を得る為に薬剤師から店長やスーパーバイザーになる方も多くいます。

まとめ

・業界トップクラスの高待遇(平均年収764万円)
・転職入社時の年収は505万~700万程度
・ボーナスは100万円前後の方が多い
・勤務はシフト制で残業は店舗によってまちまち
・転勤がある
・研修制度、福利厚生が充実している
・関東中心に店舗展開している

マツモトキヨシの特徴はなんといっても業界トップクラスの給与水準です。高年収を期待して転職される薬剤師の方が多くいます。
また研修制度や福利厚生等、スケールメリットを活かした様々な利点があります。
薬事業務にとらわれず様々な経験を積みたい方にとっては最適な職場と言えるでしょう。

転職サイト選びのコツ

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
転職サイトにはそれぞれ特徴があります。
ドラッグストアに転職をしたいのならドラッグストアに強い転職サイトを、調剤薬局に転職をしたいのなら調剤薬局に強い転職サイトに登録をする必要があります。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

マツモトキヨシの求人を取り扱っている転職サイト

リクナビ薬剤師



・求人総数38,000件以上
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

ファルマスタッフ



・転職成功率90%超
・求人件数6万件以上
・薬剤師専任コンサルタント80名以上
ファルマスタッフ

関西に強い薬剤師 転職サイト



関西エリアに特化した薬剤師転職サイト メディカルプラン

メディカルプランの薬剤師求人の特徴は大阪、兵庫、京都等、関西に特化しているという事です。取り扱っている求人も関西の求人が圧倒的に多いです。

メディカルプランの特徴は関西特化型をウリにしている点で、本社所在地も大阪です。地元ならではの調剤薬局やドラッグストアとのコネクションを活かした、他の薬剤師転職サイトには無い、掘り出し物の求人があります。
関西で薬剤師の方が転職を考えているのなら、登録必須のサイトと言えるでしょう。

関西エリアに特化した薬剤師転職サイト【メディカルプラン】

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

スギ薬局の薬剤師の年収は?
ツルハドラッグの薬剤師の年収は?
リクナビ薬剤師の評判や口コミ
ファルマスタッフの評判や口コミ
薬剤師のボーナスの相場ってどのくらい?

オススメ記事

調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

カテゴリ

ドラッグストアからの転職
薬剤師の年収情報
薬剤師の転職 お役立ち情報
転職エージェント活用方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ