病院から調剤薬局への薬剤師の転職 失敗しない為に

薬剤師 調剤薬局

病院から調剤薬局へ転職する理由:年収

病院から調剤薬局へ転職する薬剤師の転職理由は給与水準が一番多い理由になります。
つまり年収アップが目的になります。

病院はドラッグストアや調剤薬局に比べて年収が低い傾向にあります。
調剤薬局で管理薬剤師になると最低でも年収500万円は超えると言われていますので、年収アップを目的にして調剤薬局に転職する方が多くいます。

「調剤薬局の薬剤師の給与の目安」

初任給22~30万円
年収400~650万円
管理職500万円~

「参考:大手調剤薬局の年収の目安」

「日本調剤」
平均年収:534万6000円
平均勤続年数:4.6年
平均年齢:33.6歳
従業員数:3,283名
大卒初任給:約28万円

「アインファーマシーズ」
平均年収:431万3000円
平均勤続年数:4.6年
平均年齢:32.2歳
従業員数:3348人
大卒初任給:約25万円

「クオール」
平均年収:430万8000円
平均勤続年数:4.8年
平均年齢:33.4歳
従業員数:1936人
大卒初任給:27.1万円

病院から調剤薬局へ転職する理由:仕事内容

年収に続いて病院から調剤薬局への転職理由で多いのが仕事内容です。
病院の薬剤師の仕事内容は入院患者に服薬指導を行ったり、重症者の注射薬を作成したり、透析用の薬剤を調合したりと、医療の最前線で働く事になりますので、非常にやりがいがありますが、他方では多忙で多数の業務をこなさないとならないという側面があります。

調剤薬局は調剤業務に集中でき、ローテーションの作業が多いので、そのような落ち着いた環境で働きたいと考えている方にとっては最適の勤務先となります。

病院から調剤薬局への薬剤師の転職理由:就業時間

病院では(特に病床がある病院では)土日休みである事は少ないですし、当直での夜勤もある病院もあります。病院ではシフト制での勤務が多く、4週8休制を採用している病院が多いです。

一方調剤薬局は(特に門前薬局は)病院の開業時間に左右されるので、規定の時間に終了するケースが多く、土日出勤や残業は少ない傾向にあります。そのような落ち着いた環境で働きたい方にとって調剤薬局の拘束時間の短さは魅力的にうつります。

病院から調剤薬局への薬剤師の転職:難易度

病院から調剤薬局への転職の難易度はさほど高くありません。
求人数で見ても調剤薬局は病院やドラッグストアに比べて求人数が多く、難易度としてはさほど高くありません。

調剤薬局入社の際の注意点:人間関係

調剤薬局は病院、ドラッグストアと比べると閉鎖的な空間で少人数で勤務する事が多いので、人間関係の問題で退職する方も少なくありません。

この問題は簡単に解決できる問題ではありませんが、求人に応募し面接をする際には、職場で一緒に働く方が同席している筈ですので、一緒に働く事が問題ないか、つぶさに観察する事は大切です。面接は会社が応募者を選ぶ場でもありますが、同時に応募者が会社を選ぶ場でもあります。

調剤薬局入社の際の注意点:会社の規模

調剤薬局を展開している会社にも様々な形態があり全国に薬局を展開している大手の調剤薬局もありますし、1~3店舗の薬局を運営している小規模な調剤薬局もあります。

大手の調剤薬局は福利厚生が充実していたり、薬剤師を多く抱えていますのでヘルプを回す事で休暇が取りやすかったり、また引越しをしなければならない時でも全国展開している薬局なら退職をせずに引越し先の薬局で働く事ができたり、様々なメリットがあります。

ただし逆を言えばそのような小規模な調剤薬局は、このようなデメリットを高年収でカバーする傾向にありますので、その点を覚悟して、小規模なドラッグストアで高年収を得る、というのもひとつの方法です。

こんな薬剤師は調剤薬局勤務に向いている

調剤薬局の業務は主に、調剤業務と服薬指導になりますが、薬局の大半を占める門前薬局では調剤する薬剤も似たようなものになりますし、服薬指導も似たようなものになってきます。つまり調剤薬局の業務はルーティーンワークが多いと言えると思います。

その為、ひとつの仕事に集中して取り組みたい方、ルーティーンワークが苦にならない方は向いていると言えると思います。

調剤薬局への転職に強い 転職サイト

ファルマスタッフ



大手調剤チェーン 日本調剤グループが運営
ファルマスタッフは調剤薬局業界 第2位の日本調剤のグループ企業が運営しいてます。
元々は自社の日本調剤の薬剤師を募集するために作られ、次第に他の調剤薬局の求人も取り扱うようになりました。
そのような経緯がある為、取り扱っている求人は調剤薬局の割合が非常に多く、調剤薬局への転職を考えている方にとっては登録必須のサイトになっています。
取扱い求人数も6万件以上、厚生労働省が認定する職業紹介優良事業者にも認定されています。

リクナビ薬剤師



調剤薬局案件 30,000件以上
・リクルート社のスケールメリットを活かした30,000件以上の調剤薬局案件を取扱い
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能

マイナビ薬剤師



調剤薬局案件 26,000件以上
・マイナビのネットワークを活かした26,000件以上の調剤薬局案件を取扱い
・利用者満足度 3年連続ナンバーワン
・平均ご紹介求人数23.3件

MC-ファーマネット



調剤薬局案件割合 75%以上(通常60%程度)
・転職者の92.5%が今も活躍中
・全国15拠点で展開
・コンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応


ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ