【オススメ】病院への転職に強い薬剤師 転職サイト

薬剤師 病院 サイト

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
転職サイトにはそれぞれ特徴があります。
病院に転職をしたいのなら病院に強い転職サイトを、調剤薬局に転職をしたいのなら調剤薬局に強い転職サイトに登録をする必要があります。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

ファゲット



国内最大 病院求人7000件以上
・最大20万円の転職者ボーナス
・薬剤師転職10年以上の実績
ファゲット

ファルマスタッフ



病院求人3,000件以上
・拠点数国内最大、全国16支店
・薬剤師転職支援15年以上の実績
・厚生労働省認定、職業紹介優良事業者
ファルマスタッフ

薬キャリ



病院求人3,000件以上
・登録者数10万人突破!
・1回の登録で複数の転職支援サービスに一括申し込み
薬キャリ

リクナビ薬剤師



病院求人 2,000件以上
・リクルート社のスケールメリットを活かした2,000件以上の病院案件を取扱い
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

MC-ファーマネット



病院案件割合 15%以上(通常5%以下)
・独自のネットワークを活かした圧倒的な病院案件割合
・転職者の92.5%が今も活躍中
・全国15拠点で展開
・コンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応
MC-ファーマネット

転職の際の注意点

転職エージェントの善し悪しは転職の質に大きく影響します。
上記のような大手のサイトであれば、転職エージェントの質はある程度は担保されています。しかしながら、転職エージェントの質に差があるのは事実ですし、またその人その人で転職エージェントとの相性もあります。

質の高い転職エージェントは、レスポンスが早い、意図を理解し意図に合った転職先を紹介してくれる。メリットもデメリットも開示してくれる。といった特徴があります。
逆に意図しない転職先をゴリ押ししてくるようなエージェントは要注意です。

その際ですが転職サイトに掛け合い、エージェントを別の担当に変えてもらいましょう。
気が引けるようであれば別の薬剤師転職サイトを利用しましょう。

そのような意味でも薬剤師転職サイトを複数登録する事には意味があります。複数登録する事で質の比較ができますし、3つの転職サイトに登録し、質が良さそうな2サイトをメインとして利用し、もうひとつは予備として利用するというような使い分けが可能です。

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

オススメの薬剤師転職サイトは?評判や口コミを一括比較
調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ