サンドラッグの薬剤師の年収は470〜550万円、評判は悪い?ボーナスは?

薬剤師の方がサンドラッグに転職した際、年収はいくら位になるのでしょうか?サンドラッグの薬剤師の業務内容は?休暇はどの程度あるのか?

ここでは具体例を出しながら、サンドラッグの薬剤師の年収やボーナス、評判や口コミに関して書いていきたいと思います。

サンドラッグ 薬剤師

サンドラッグの薬剤師の転職入社時のモデル年収

【年収】470万円~550万円程度
【昇給】年1回
【賞与】年2回
【月給】32万円~35万円程度
【ボーナス】60万円~80万円程度
『平均年収』534万

サンドラッグの転職時の年収の目安は470万円~550万円程度となります。
またサンドラッグの平均年収は534万円となっています。

また薬剤師の平均年収は20代で413万円、30代で557万円、40代で624万円、となっています。(平成29年賃金構造基本統計調査)

サンドラッグの社員の平均年齢は33歳、平均年収は534万円となりますので、これと比較するとサンドラッグの年収は平均的と言えるかと思います。

ファルマスタッフでサンドラッグの薬剤師求人を紹介してもらう

ボーナス:サンドラッグの薬剤師

サンドラッグの薬剤師のボーナスは年間60万円~80万円程度の方が多いようです。
また薬剤師全体で平均すると年間ボーナスは80万円程度というデータがあります。

アルバイト・パートの時給:サンドラッグの薬剤師

サンドラッグの薬剤師のパート・アルバイトの時給の目安は2000円~2500円程になります。

これは薬剤師のパート・アルバイトの時給としては高い部類になります。
時給は店舗によって異なりますので、詳細に関しては転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントに詳細情報を確認してもらいましょう。

リクナビ薬剤師でサンドラッグのアルバイトを紹介してもらう

新卒初任給:サンドラッグの薬剤師

サンドラッグの薬剤師の初任給は336,600円となります。
20代の薬剤師の平均年収は413万円になりますので、これは新卒薬剤師の初任給としては高い部類になります。

サンドラッグの薬剤師はブラック?

薬剤師 ブラック

サンドラッグは上場企業ですので制度自体がブラックという事はないと思います。しかしながら実情として社員の方から勤務に関しての不満の声はあります。

具体的には下記のような評判や口コミになり、その声がブラックであるという評判や口コミにつながっているという事だと思われます。

休暇:サンドラッグの薬剤師はブラック?

2時間程度の休憩が付与される事があるようですが、実際は多忙の為、シフト通りの休憩が取れないといった声も耳にします。

研修:サンドラッグの薬剤師はブラック?

月に1度など、定期的に研修があるようです。
それ自体は問題ないようですが、研修日が勤務扱いにならない為、休日を削って研修にあてなければならないといった不満の評判や口コミも耳します。

残業:サンドラッグの薬剤師はブラック?

残業は勤務のシフト作成の時点で決められており、それ以上の申請がしづらい雰囲気があるようです。
その為、やむなくサービス残業をする方がいるという評判や口コミも耳にします。

長時間労働の常態化:サンドラッグの薬剤師はブラック?

店舗によっては長時間労働が常態化しているという評判や口コミも耳にします。

具体的には店舗によっては1日10~12時間の労働になる事があるようです。
根本的な問題としては出店ペースに薬剤師の数が追いついておらず、業務過多になっているという事があるようです。

平均年齢:サンドラッグの薬剤師はブラック?

サンドラッグの社員の平均年齢は33歳となります。
これは他社と比較してかなり若い年齢です。

これは会社の制度と関係があるようです。サンドラッグでは30歳以上は家賃補助が無くなる、という評判や口コミを耳にします。

その際に転勤の要請があると家賃補助の無い状態で、賃貸物件に住まなければならないので、収入的にかなり厳しい状況になります。
それを契機に退職する方が多くいる、という評判や口コミをよく耳にします。

ひとり薬剤師:サンドラッグの薬剤師はブラック?

これはサンドラッグに限らず、ドラッグストア業界全体に言える事ですが、大規模ではない店舗では、店内に薬剤師がひとりという、いわゆる「ひとり薬剤師」の店舗が多いようです。

その為、代わりの薬剤師がおらず、体調不良の際も休みづらいという問題があります。

このように、上記のような不満の声を耳にする事があります。
その為、この声がブラックであるという評判や口コミにつながっているという事だと思われます。

マイナビ薬剤師でサンドラッグの求人を紹介してもらう

サンドラッグの企業情報

【設立】1965年
【社員数】2,978名
【店舗数】663店舗
【売上】5,880億円
【平均年齢】33歳
【平均勤続年数】8年4か月
【上場】東証一部

(2019年度実績)

サンドラッグは東京都府中市に本社を置く、ドラッグストア業界売上 第6位の企業です。

近年は中小ドラッグストアの買収なども積極的に行い、急速に成長をしてきました。
現在は関東を中心として600以上のドラッグストア、薬局を展開しています。

薬剤師 年収

サンドラッグの展開地域

【サンドラッグの展開地域】
東北 41 店舗
関東 338 店舗
中部 108 店舗
近畿 104 店舗
中国 7 店舗
九州 65 店舗

サンドラッグは関東を中心に店舗展開を行っているドラッグストアです。
その為、関東圏の店舗が圧倒的に多い状況です。関東で自宅近くのドラッグストアに勤務したいと思っている薬剤師の方には相性の良いドラッグストアと言えるのではないでしょうか

ファルマスタッフでサンドラッグの薬剤師求人を紹介してもらう

平均勤続年数:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

サンドラッグの平均勤続年数は8年4か月となります。
厚生労働省の調査では薬剤師の平均勤続年数は20代後半の男性で約2.8年、30代後半の男性は約6.8年という結果でした。(平成24年賃金構造基本統計調査)

サンドラッグ 薬剤師

サンドラッグの薬剤師、業務内容・福利厚生

1店舗2ライン制:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

サンドラッグでは社員を2つの種別に分け、店舗運営を行う独自のシステムを導入しています。薬剤師は基本的に医薬品業務部門を担当することとなります。

「店舗経営部門」
経営数値管理、販売計画の策定、商品管理、店舗演出

「医薬品業務部門」
カウンセリング販売、医薬品の管理、調剤(調剤併設店舗)

業務内容:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

業務内容に関しては、OTC販売と調剤業務(調剤併設店舗)が中心になります。
また接客、品出し、棚卸しやレジなどもする場合もあります。薬事業務に集中したい薬剤師にとっては不向きな職場と言えるでしょう。

各店舗の業務内容の詳細や年収に関しては転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントに詳細情報を確認してもらい、交渉を任せる方が無難でしょう。

企業の採用担当者には直接言いづらい事もありますが、転職サイトを利用すればキャリアコンサルタントが条件交渉を代行してくれますので、気兼ねなく自分の希望を伝える事ができます。

リクナビ薬剤師でサンドラッグの求人を紹介してもらう

業務形態:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

サンドラッグの勤務形態は週40時間勤務の変形労働シフト制となります。

土日も営業している店舗が多い為、土日も出勤になる事が多いようです。
具体的には3日働いて1日休むようなシフトが多いようです。

転勤:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

転勤は定期的に行われるようですが、薬剤師は自宅からの通勤範囲内の転勤になる事が多いようです。

社員割引:サンドラッグの薬剤師の評判・口コミ

社員割引制度も利用できるようで、医薬品等をかなり安く購入できるようです。

サンドラッグの子育てサポート制度

サンドラッグでは子育てサポートにも力を入れており、下記のような制度が利用可能です。

・産前産後休業
・育児休業(最大3年)
・時短勤務制度(最大 小学校6年生まで)
・復職フォロー制度
(4年以上勤務した方であれば一度退職しても好条件で復職できるという制度)

リクナビ薬剤師でサンドラッグの求人を紹介してもらう

サンドラッグの薬剤師の求人情報

サンドラッグ 薬剤師 求人情報

こちらはマイナビ薬剤師に掲載されていた、東京都、新宿のサンドラッグの薬剤師の求人情報です。

営業時間は9:00~23:00ですので、早番・遅番でシフトを組んでの勤務になります。
またOTCのみとありますので調剤業務はなく、OTC販売を中心とした業務内容になります。
年収は470万円となっています。

各店舗の年収の詳細、業務内容の詳細に関しては、マイナビ薬剤師に登録してキャリアコンサルタントに確認を行いましょう。

マイナビ薬剤師でサンドラッグの求人を紹介してもらう

まとめ

・店舗数600以上、ドラッグストア業界 売上6位
・平均年収534万円、平均年齢33歳
・転職入職時の年収の目安は470万円~550万円程度
・週40時間勤務の変形労働シフト制、3日働いて1日休むようなシフトが多い
・研修が定期的にあるが出勤扱いにならない
・残業が申請しづらい雰囲気の店舗もある
・店舗によっては長時間労働が常態化している
・ひとり薬剤師の店舗も多い
・子育てサポートが充実している

転職サイト選びのコツ

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。
ドラッグストアに転職をしたいのならドラッグストアに強い転職サイトを、調剤薬局に転職をしたいのなら調剤薬局に強い転職サイトに、病院に転職をしたいのなら病院に強い転職サイトに登録をする必要があります。

在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

ドラッグストア案件に強い転職サイト

マイナビ薬剤師

ドラッグストア求人 12,000件以上
・ネットワークを活かした12,000件以上のドラッグストア求人を取扱い
・利用者満足度 5年連続ナンバーワン
・平均ご紹介求人数約20件
マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師



ドラッグストア求人 10,000件以上
・スケールメリットを活かした10,000件以上のドラッグストア求人を取扱い
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

ファルマスタッフ



ドラッグストア求人 9,000件以上
・大手調剤チェーン 日本調剤グループが運営
・拠点数国内最大、全国10支店以上
・薬剤師転職支援20年以上の実績
・厚生労働省認定、職業紹介優良事業者
ファルマスタッフ

転職の際の注意点

キャリアコンサルタントの善し悪しは転職の質に大きく影響します。
上記のような大手のサイトであれば、キャリアコンサルタントの質はある程度は保障されています。しかしながら、キャリアコンサルタントの質に差があるのは事実ですし、またその人その人でキャリアコンサルタントとの相性もあります。

質の高いキャリアコンサルタントは、レスポンスが早い、意図を理解し意図に合った転職先を紹介してくれる。メリットもデメリットも開示してくれる。といった特徴があります。
逆に意図しない転職先をゴリ押ししてくるようなキャリアコンサルタントは要注意です。

その際ですが転職サイトに掛け合い、キャリアコンサルタントを別の担当に変えてもらいましょう。
気が引けるようであれば別の薬剤師転職サイトを利用しましょう。

そのような意味でも薬剤師転職サイトを複数登録する事には意味があります。複数登録する事で質の比較ができますし、3つの転職サイトに登録し、質が良さそうな2サイトをメインとして利用し、もうひとつは予備として利用するというような使い分けが可能です。

リクナビ薬剤師で求人を紹介してもらう

ファルマスタッフで薬剤師の求人を紹介してもらう

マイナビ薬剤師で求人を紹介してもらう

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

ウエルシア薬局の薬剤師の年収は?
スギ薬局の薬剤師の年収は?
マツモトキヨシの薬剤師の年収は?
オススメの薬剤師転職サイトは?評判や口コミを一括比較
マイナビ薬剤師の評判や口コミ
薬剤師の転職を失敗しない為にやるべき4つの事

オススメ記事

調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

カテゴリ

ドラッグストアからの転職
薬剤師の年収情報
薬剤師の転職 お役立ち情報
転職エージェント活用方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ