オススメの薬剤師転職サイトは?評判や口コミを一括比較

転職 薬剤師

薬剤師の転職サイトはどこに登録するべき?
ここでは求人件数や非公開求人の割合、支店数などの比較データを元に薬剤師転職サイトを徹底比較!
オススメの薬剤師転職サイトをご紹介しています。

求人件数:薬剤師転職サイト一括比較

求人件数
ファルマスタッフ 約70,000件
リクナビ薬剤師 約40,000件
マイナビ薬剤師 約40,000件
薬キャリ 約40,000件
ファゲット 約35,000件

求人件数に関しては、ファルマスタッフが圧倒的に多いという結果となります。

薬剤師転職支援を15年以上から行っている為、調剤薬局やドラッグストアと独自のネットワークを構築しており、多くの求人の取り扱いが可能になります。

ファルマスタッフは母体が調剤薬局大手の日本調剤ですので、日本調剤の求人も網羅している点も求人件数の多さに関係しています。

またファルマスタッフ以外のサイトでも、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、薬キャリなどの大手の薬剤師転職サイトであれば数万件という膨大な求人の中から比較ができますので、多くの求人を比較したい場合は上記のような大手サイトの利用をおすすめします。

ファルマスタッフの評判や口コミ

調剤薬局の求人件数:薬剤師転職サイト一括比較

調剤薬局の求人件数
ファルマスタッフ 約60,000件
リクナビ薬剤師 約30,000件
薬キャリ 約30,000件
ファゲット 約30,000件
マイナビ薬剤師 約25,000件

調剤薬局の求人件数に関しても、ファルマスタッフが圧倒的に多いという結果となります。

転職支援を15年以上行っている為、また母体である調剤薬局大手の日本調剤の求人を網羅している点も求人件数の多さにつながっています。

調剤薬局への転職を考えている薬剤師の方にとってファルマスタッフは登録必須の転職サイトといえるでしょう。

ファルマスタッフの評判や口コミ

ドラッグストアの求人件数:薬剤師転職サイト一括比較

ドラッグストアの求人件数
マイナビ薬剤師 約12,000件
リクナビ薬剤師 約10,000件
ファルマスタッフ 約9,000件
薬キャリ 約3,000件
ファゲット 約2,000件

ドラッグストアの求人件数はマイナビ薬剤師が約12,000件と一番多い状況です。

マイナビの知名度とスケールメリットを活かして営業を行っている為、多くのドラッグストアが利用しています。

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師の方にとってマイナビ薬剤師は登録必須の転職サイトといえるでしょう。

マイナビ薬剤師の評判や口コミ

病院の求人件数:薬剤師転職サイト一括比較

病院の求人件数
ファゲット 約7,000件
リクナビ薬剤師 約2,000件
ファルマスタッフ 約3,000件
薬キャリ 約3,000件
マイナビ薬剤師 約1,500件

病院の求人件数はファゲットが約7,000件と一番多い状況です。

ファゲットは薬剤師の転職支援を10年以上前から行っており、数多くの病院とネットワークを構築している為、このような多くの求人の取り扱いが可能になります。

病院への転職を考えている方にとってファゲットは登録するべき転職サイトと言えるでしょう。

ファゲットの評判や口コミ

派遣の取り扱い:薬剤師転職サイト一括比較

派遣の取り扱い
ファルマスタッフ
薬キャリ
ファゲット ×
薬キャリ ×
マイナビ薬剤師 ×

派遣を取り扱っているのはファルマスタッフ、薬キャリになります。
ファゲット、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師は派遣の取り扱いは行っていません。
派遣を視野に入れている方はファルマスタッフと薬キャリに登録を行いましょう。

ファルマスタッフの評判や口コミ
薬キャリの評判や口コミ

非公開求人割合:薬剤師転職サイト一括比較

非公開求人割合
リクナビ薬剤師 約75%
ファルマスタッフ 約75%
マイナビ薬剤師 約40%
薬キャリ 約25%

非公開求人とは転職サイトで転職支援を申込まないと確認ができない一般公開されていない求人情報の事を指します。

一般公開を行うと企業が望まない人材からも多くの応募があり、採用担当者の作業が無用に多くなってしまいます。その為、転職サイトのエージェント経由でのみ企業が募集を受け付けているケースが多くあります。

非公開求人に関しては2つの見方ができます。
人気のある求人に関しては非公開である事が多い為、非公開求人割合の多いリクナビ薬剤師やファルマスタッフでは、一般には公開されていない掘り出しものの求人が多く存在します。このような求人を探している場合は、リクナビ薬剤師やファルマスタッフに登録して転職活動を進めると良いでしょう。

逆に転職支援を申込まずに求人情報をとりあえず確認したい場合は薬キャリなど、非公開求人割合の低いサイトで確認をすると良いでしょう。
非公開求人割合の高いサイトで確認を行った場合、見る事ができるのは一部の求人のみです。

リクナビ薬剤師の評判や口コミ
ファルマスタッフの評判や口コミ

職業紹介優良事業者:薬剤師転職サイト一括比較

職業紹介優良事業者
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師 ×
薬キャリ ×
ファゲット ×

職業紹介優良事業者とは一定の基準を満たした優良な職業紹介会社を厚生労働省が認定する制度です。
優れた職業紹介サービスの提供に取り組み、健全な運営を果たしている事を基準に、審査がされます。認定を得た会社は国のお墨付きを得た事になります。

職業紹介優良事業者を取得しているのはマイナビ薬剤師とファルマスタッフになります。

信頼性の高い薬剤師転職サイトを利用したい方は、マイナビ薬剤師とファルマスタッフを利用する事をおすすめします。

マイナビ薬剤師の評判や口コミ
ファルマスタッフの評判や口コミ

プライバシーマーク:薬剤師転職サイト一括比較

プライバシーマーク
リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
ファルマスタッフ
薬キャリ ×
ファゲット ×

プライバシーマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している会社を、日本情報経済社会推進協会が認定する制度です。

認定された会社は個人情報を大切に取り扱う事業者として、プライバシーマークの使用が認められています。

プライバシーマークを取得しているのはリクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフになります。

個人情報に関してのリテラシーを気にする方は、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフを利用すると良いでしょう。

リクナビ薬剤師の評判や口コミ
マイナビ薬剤師の評判や口コミ
ファルマスタッフの評判や口コミ

転職サイト選びのコツ

薬剤師の転職を成功させるコツ、それは転職サイト選びです。
在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう!

ファルマスタッフ



国内最大7万件の薬剤師求人件数
・拠点数国内最大、全国16支店
・薬剤師転職支援15年以上の実績
・厚生労働省認定、職業紹介優良事業者
ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師

ドラッグストア求人 12,000件以上
・マイナビのネットワークを活かした12,000件以上のドラッグストア案件を取扱い
・利用者満足度 3年連続ナンバーワン
・平均ご紹介求人数23.3件
マイナビ薬剤師

ファゲット



最大20万円の転職者ボーナス
・国内最大 病院求人7000件以上
・薬剤師転職10年以上の実績
ファゲット

薬キャリ



・登録者数10万人突破!
・1回の登録で複数の転職支援サービスに一括申し込み
・派遣も取り扱い
薬キャリ

リクナビ薬剤師



薬剤師求人 40,000件以上
・リクルート社のスケールメリットを活かした40,000件以上の求人を取扱い
・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート
・最短3日で転職可能
リクナビ薬剤師

転職の際の注意点

転職エージェントの善し悪しは転職の質に大きく影響します。
上記のような大手のサイトであれば、転職エージェントの質はある程度は保障されています。しかしながら、転職エージェントの質に差があるのは事実ですし、またその人その人で転職エージェントとの相性もあります。

質の高い転職エージェントは、レスポンスが早い、意図を理解し意図に合った転職先を紹介してくれる。メリットもデメリットも開示してくれる。といった特徴があります。
逆に意図しない転職先をゴリ押ししてくるようなエージェントは要注意です。

その際ですが転職サイトに掛け合い、エージェントを別の担当に変えてもらいましょう。
気が引けるようであれば別の薬剤師転職サイトを利用しましょう。

そのような意味でも薬剤師転職サイトを複数登録する事には意味があります。複数登録する事で質の比較ができますし、3つの転職サイトに登録し、質が良さそうな2サイトをメインとして利用し、もうひとつは予備として利用するというような使い分けが可能です。

この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます

調剤薬局に強い転職サイト
ドラッグストアへの転職に強い転職サイト
病院への転職に強い 転職サイト
関西に強い転職サイト
北海道に強い転職サイト

オススメ記事

薬剤師転職サイトはいくつ登録するべき?
薬剤師の転職タイミングはいつがベスト?
薬剤師の転職を失敗しない為にやるべき4つの事
ファーマライズの薬剤師の年収は?
アイセイ薬局の薬剤師の年収は?
なの花薬局の薬剤師の年収は?
薬剤師のボーナスの相場ってどのくらい?

カテゴリ

調剤薬局からの転職
薬剤師の年収情報
薬剤師の転職 お役立ち情報
転職エージェント活用方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ